突然ですがあなたは今、コルセットをまいていますか?
 
巻いているという方に質問です。
 
何のためにコルセットをまくのか、
きちんと理解して巻いていますか?
 
「整形外科でせっかく作ったから」
とか
「整体や接骨院の先生に言われたから」
 
って方がほとんどではないでしょうか。
 
本来コルセットは、腰の周りを圧迫することで
腹圧と言って、おなかの中の圧力を高めて、
腰椎を安定(固定)させるという目的のため

巻くものです。
 
急性腰痛、つまりぎっくり腰や腰椎の圧迫骨折
などの方は腰椎を固定する(一定期間だけ)
必要がありますが、慢性腰痛やヘルニアの方に
本当にコルセットでの固定が必要でしょうか。
 
慢性腰痛のほとんどの原因は、
筋肉の血液の循環不全です。
固定して、圧迫して、
血液の循環不全が改善されるでしょうか?
 
むしろ逆効果だということは、
小学生でもわかりそうなことです。
 
椎間板ヘルニアは、椎間板の中身が飛び出して神経に触ることで
痛みを起こしています。(最近では違うという説もありますが、
ここではそういうことにしておきます)
 
なぜ椎間板が飛び出すのかというと、背骨全体の動きが
スムーズに出来ていないからです。
 
スムーズにできていないものを、固定して
スムーズに動くようになるでしょうか?
 
ちょっと考えたら、おかしいなって思いませんか?
 
あとさらにひどいのが坐骨神経痛でコルセット。
 
坐骨神経痛は、坐骨神経が圧迫されて足に痛みが
出ているんですよね。なのにさらにコルセットで
腰やお尻を圧迫してどうすんのよって話です。
 
さらに言うと、コルセットをまく事で
常にあなたの脳みそは腰に意識が向くようになります。
そうすると、常に腰の筋肉は緊張した状態になります。
筋肉が緊張して硬くなると、血液の循環不全が起こります。
 
死に馬に鞭を打つようなことはしたくないので、
これくらいにしておきます(^_^;)
 
あなたの腰に、本当にコルセットは必要ですか?
 
なんとなく不安だからって理由で、巻いてるんじゃないですか?  
あなたの腰痛の原因は、あなたが大事に大事に使い続けている、
年季の入ったボロボロのコルセットかもしれません。
 
巻いてもまかなくてもどうせ痛いんでしょ?
 
だったらいっそのことそんなもの外しちゃったらどう?
 
腰痛の克服とあなたの笑顔の為に
 
Pivot 高崎勇次
 
●ピボット院長の為になるメルマガ登録はコチラから
 
●セミナーで治療に依存しない体づくりを学びたい方はコチラから
 
●この記事を読んで、「面白い」「なるほど」「ためになった」と思われた方はぜひ下のSNSのボタンをクリックして、いいねやシェアをして下さい
 
あなたのワンクリックが私の励みになります。

今すぐに痛みやしびれを何とかしたいあなたへ

初めての整体は誰でも不安。どんな治療をするの?本当によくなるの?
 
そんなあなたの為に2つの特典を用意しました。
 
特典その①
初回限定お試し価格 2000円(税込)

 

特典その② 全額返金保証
治療を受けてみて体の変化を全く感じられない、時間の無駄だったと思われた場合、全額を返金致します。

 

2回目以降の料金はコチラ↓↓↓↓
 コースメニュー
 

 
現在、当院は御予約で常にいっぱいの状態で、希望するすべての方をみさせて頂くことは難しい状況です。
 
そのため、コチラのページで治療内容や治療方針をご確認頂いたうえで、ご納得頂いた方のみ御予約を取らせていただいております。→→→→治療方針・治療内容の詳細

 

 受付時間9時~19時 火・水・祝 定休
(定休日でも9時~19時であれば電話受付スタッフが対応致します)
 
 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事