昨日ご来院頂いたKさん。
 
「四六時中寝ても覚めても腰が痛いです」
 
ととっても落ち込んだ様子。
 
「痛くないときはないですか?」
ときくと
「ありません、動かせません」
 
と即答・・・。
 
「ベッドに横になっていても痛くて
仰向けで足を延ばして眠れません」
 

実際にベッドに寝て頂くと、
確かに筋肉の緊張は強いし、
関節の動きもスムーズではありません。
 
しばらくいろいろなテストをして、
仰向けで寝たまま少しお話を
お聞きすること2,3分。

 
「そういえば、今仰向けですけど
痛くないですか?」
 
「あ、今は大丈夫です。あれ」
 
「じゃあゆっくり起き上がって少し
体を動かしてみてください」
 
「あ、まだ少しつっぱるけど
動かせる・・・。」
 

実はこの後もう少し施術をしたのですが
Kさんが院内にいたのはだいたい10分くらい。
 
それでもきちんと背中を延ばして
シャキシャキと歩いて帰られました。
 
別に僕は自分の治療技術を自慢したくて
こんなことを書いているわけではありません。
 
Kさんの「四六時中、寝ても覚めても痛い」
という強い思い込みに対してアプローチを
しただけです。
 
もちろん、きちんと体を見て、必要な施術は
行った上で、ですよ。
 
私たちの脳みそには自分にとって重要な情報だけを
ピックアップして処理する機能があります。
網様体賦活系とかRASと呼びます。
 
この機能のせいで、私たちの頭の中は
いとも簡単にひとつのことで一杯になってしまいます。
 
購入を検討している車がやけに最近たくさん
街で走っているような気がする。
 
妊娠を望む女性が、突然身の回りに妊婦さんが
増えたような気になる。
 
腰痛が気になって
「寝ても覚めても、どんな姿勢でも痛い」
と思ってしまう。
 
これらはすべて脳みその正常な機能によるものです。
 
もちろん、Kさんの腰痛が「すべて気のせいだ」
なんていうつもりは毛頭ありません。
 
ただ、脳みそに元々備わっている機能が
腰痛克服の邪魔をしてしまうことがあるという
事実をお伝えしたいだけです。
 
だから僕は
「痛くないときはどんな時か」
に意識を向けるようにいつもアドバイスをしています。
 
あなたも是非一度考えてみてください。
 
痛くないとき、しびれが出ないときはどんな時ですか?
 
腰痛の克服とあなたの笑顔の為に

Pivot 高崎勇次
 
●ピボット院長の為になるメルマガ登録はコチラから
 
●セミナーで治療に依存しない体づくりを学びたい方はコチラから
 
●この記事を読んで、「面白い」「なるほど」「ためになった」と思われた方はぜひ下のSNSのボタンをクリックして、いいねやシェアをして下さい
 
あなたのワンクリックが私の励みになります。

今すぐに痛みやしびれを何とかしたいあなたへ

初めての整体は誰でも不安。どんな治療をするの?本当によくなるの?
 
そんなあなたの為に2つの特典を用意しました。
 
特典その①
初回限定お試し価格 2000円(税込)

 

特典その② 全額返金保証
治療を受けてみて体の変化を全く感じられない、時間の無駄だったと思われた場合、全額を返金致します。

 

2回目以降の料金はコチラ↓↓↓↓
 コースメニュー
 

 
現在、当院は御予約で常にいっぱいの状態で、希望するすべての方をみさせて頂くことは難しい状況です。
 
そのため、コチラのページで治療内容や治療方針をご確認頂いたうえで、ご納得頂いた方のみ御予約を取らせていただいております。→→→→治療方針・治療内容の詳細

 

 受付時間9時~19時 火・水・祝 定休
(定休日でも9時~19時であれば電話受付スタッフが対応致します)
 
 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事