日進市・みよし市・名東区・天白区・緑区で椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症・すべり症・慢性腰痛・坐骨神経痛の為の整体をお探しなら赤池の日進腰痛整体ピボット
 

※もしこの記事を気に入ったらいいね&シェアをしてください。※

 
 

先日ご紹介でお越しいただいたMさん
60代のダンディーなゴルフ好きのおじさまです。
 

数年前から、歩いているとふくらはぎや
太ももに違和感を感じるようになり
整形外科を受診したところ
 
「坐骨神経痛ですね」
 
と診断されて湿布で様子をみていた
そうです。
 
坐骨神経とは脊髄(背骨真ん中)から
枝分かれした神経で
お尻から太ももの裏側を通って
さらに枝分かれしてふくらはぎとすねの
外側に向かって走る神経です。
 
この神経のどこかで圧迫が起きることで
皆さんご存知の坐骨神経痛が起きます。
 
神経痛と聞くと痛みだけを想像する方が
多いと思います。
しかし痛み以外にも
 
・倦怠感(重だるさ)
・熱感(熱い感じ)冷感(冷たい感じ)
・チリチリする
・ひりひりする
・もぞもぞする
 
などの異常な感覚を伴う神経の症状を
ぜーんぶひっくるめて「神経痛」
と呼びます。
 
Mさんの場合は倦怠感が特に
強くて、外出先で歩けなくなってしまうことも
あったそうです。
 
症状がひどくなってきたので最近
別の整形外科を受診したところ
「脊柱管狭窄症です」と言われて
聞いたことのない診断名にとても
不安になったんだとか。
 
「坐骨神経痛だと思っていたのに
脊柱管狭窄症まであるのか。
手術の話もしていたし、どうなってしまうんだ」
 
困っていた時にご友人の方から
当院の話を聞いて手術以外の選択肢を
探すためにご来院いただきました。
 
ちなみにMさんの場合、脊柱管狭窄症の結果
坐骨神経痛が出ているのであって二つの
病気(病気ではないけど)があるわけでは
ありません。
 
風邪を引いた結果、鼻水が出ているのと
同じで「鼻水」っていう病気がないのと一緒。
 
ですからまず治療の対象になるのは
脊柱管の狭窄になります。
 
脊柱管という管の中を脊髄が走っているわけですが
何らかの原因でこの管が細く(狭窄)なっている
のが脊柱管狭窄症。
 
ちょうど水の流れるホースを足で踏ん付けたような
状態です。ホースの水が流れるようにするには
どうしたらいいでしょうか?
 
答えはカンタンですね。
 
踏ん付けた足をどけてあげる。シンプルな話です。
 
狭窄症の場合であれば神経が圧迫しにくい
状態を作ってあげることが根本的な手術以外の
方法で問題を解決する唯一の方法になります。
 
神経が圧迫しにくい状態とは・・・?
 
正しい姿勢を身に着けた状態です。
 
長時間正座をしていて足がしびれた経験は
誰にでもありますよね。
 
ひざ裏で神経や血管が圧迫された状態が
続くから膝から下がしびれて痛くなる。
ひざを伸ばしてしばらくすれば症状は和らぎます。
 
腰の場合も根本的には同じ話です。
 
正しい姿勢でいる時間を少しずつ長くすれば
神経の圧迫が緩和されて少しずつ症状も
緩和してきます。
 
こうやって一つ一つ問題を整理して
考えていくと、自ずとやるべきことが
明確になってきます。
 
「セキチュウカンキョウサクショウ・・・
 ザコツシンケイツウ・・・・」
 
と小難しい言葉の響きに惑わされて
パニックになる必要もありません。
 
しかし多くの人が正しい姿勢を
誤解しているからコレが一番厄介な
問題といえます。
 
やみくもに胸を張ってみたり
腰を伸ばしてみたりすると
余計に神経を圧迫してしまう場合もあります。
 

正しい姿勢のチェック方法については
過去のブログに書いてあるので
こちらをチェックしてみて下さい。
↓↓↓↓

 

正しい姿勢を取るのがつらいんだよという
あなたは残念ながら正しい姿勢を
とるための筋力や筋肉の柔軟性が
不足してる可能性が高いです。
 
あとは脳みそが間違った姿勢を
「これが私の姿勢」と間違って
記憶してしまっているのでそれを
書き換えていく作業も必要になります。
 
①正しい姿勢を邪魔している筋肉を緩める。
②正しい姿勢を保つための筋肉を鍛える。
③脳みそに正しい姿勢を再教育する。
 
このスリーステップで脊柱管狭窄症の
辛い症状は少しずつ軽減していきます。
 
実際に狭窄症を克服した方たちのお声
 
こういうことを言うと
「なんだかとても大変そうだな。
手術したほうが早いんじゃないか」
 
と思う方もいるでしょう。
 
確かに手術のほうが手っ取り早いかもしれません。
 
しかし手術をしても間違った姿勢の
ままだったらどうでしょうか。
 
また別の個所が神経圧迫を起こすかもしれません。
そうしたらまた手術をしなければならないでしょう。
 
手術が大好きという変わった癖をお持ちでないのなら
安易に手っ取り早い選択をするべきではないと
思いますよ。
 
※排せつ障害(尿・便失禁)があったり、
著しい足の筋力低下(よくあるのがつま先が上がりずらい)
によって歩行が困難になってきている場合は手術の検討を
お薦めします※
 
これはただ腰が痛いとか足がしびれるとかいう
肉体的な問題ではないですよ。
 
あなたが残りの人生をどのように過ごしたいかに
関わる問題です。

 
大好きなゴルフを楽しんだり、家族とのんびり
旅行を楽しんだりする時間を手に入れるか、手放すかの
重大な問題です。
 
だんだんと足の筋力が落ちて外出の機会が減って
孤独な寂しい気持ちを抱えるのか、
「あの人はいつまでも若い」と言われて
同世代の憧れの的になるのかのあなたの自尊心に
関わる問題です。

 
もし、あなたが残りの人生を充実させるために
脊柱管狭窄症の辛い症状を克服したいのなら
私がお力になれるかもしれません。
 
今すぐにお電話を下さい。
 
腰痛の克服とあなたの笑顔の為に
 
Pivot 高崎勇次
 
日進市・みよし市・名東区・緑区で椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症・すべり症・慢性腰痛・坐骨神経痛の為の整体をお探しなら赤池の日進腰痛整体ピボットへ

 
●ピボット院長の為になるメルマガ登録はコチラから
 
●セミナーで治療に依存しない体づくりを学びたい方はコチラから
 
●この記事を読んで、「面白い」「なるほど」「ためになった」と思われた方はぜひ下のSNSのボタンをクリックして、いいねやシェアをして下さい
 
あなたのワンクリックが私の励みになります。

今すぐに痛みやしびれを何とかしたいあなたへ

初めての整体は誰でも不安。どんな治療をするの?本当によくなるの?
 
そんなあなたの為に2つの特典を用意しました。
 
特典その①
初回限定お試し価格 2000円(税込)

 

特典その② 全額返金保証
治療を受けてみて体の変化を全く感じられない、時間の無駄だったと思われた場合、全額を返金致します。

 

2回目以降の料金はコチラ↓↓↓↓
 コースメニュー
 

 
現在、当院は御予約で常にいっぱいの状態で、希望するすべての方をみさせて頂くことは難しい状況です。
 
そのため、コチラのページで治療内容や治療方針をご確認頂いたうえで、ご納得頂いた方のみ御予約を取らせていただいております。→→→→治療方針・治療内容の詳細

 

 受付時間9時~19時 火・水・祝 定休
(定休日でも9時~19時であれば電話受付スタッフが対応致します)
 
 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事