本日も、椎間板ヘルニアでお困りの
あなたの為に書いています。
 
私のところに来て下さる方の半分くらいは
整形外科で椎間板ヘルニアと診断された方です。
 

みなさん烙印を押されたような気持で、
落ち込んでしまい、でも「手術はしたくない」
というお気持ちから、ご連絡を頂くことが多いです。
 
そもそも椎間板ヘルニアとは、背骨と背骨の間の
クッションの役割をする椎間板が、
本来の場所から飛び出してしまう事で神経を
圧迫して、腰や臀部、下肢に痛みを出すものです。
 
MRIの診断で、椎間板がポコッと
(焼餅が膨らむみたいに)飛び出していることが
確認できるとヘルニアですねという事になります。
 
しかし、よくよくお話を聞いてみると、
常に痛みがあるわけではなく、
「痛くない時もある」
とおっしゃる方も非常に多いです。
 
もし、痛みの原因が椎間板だけにあるとしたら、
痛くない時には、椎間板が引っ込んでいて、
痛いときには椎間板が飛び出しているという事になります。
 
現実的にはそんなことはありえません。
 
ということは、痛みの原因は椎間板以外にあるという事です。
 
※もちろん椎間板が原因で痛みを起こしているケースもあります。
 
実際に私のところに来て下さり、痛みが和らいだ方でも
MRIを再度撮ると椎間板は飛び出したままということは
よくあります。みんなびっくりしますけどね(;^_^A
 
結局のところ何が言いたいかというと、
椎間板ヘルニアと診断されたからと言って
落ち込む必要はないし、直ぐに手術で椎間板を
取り除くとか考える必要はないってことです。
 
事実、健常者の76%にヘルニアが見つかり、
85%に椎間板の変性がみられるという
データがあります。
(Boos N et al,Spine,1995)
 
まったく腰痛や神経痛がない人を100人集めても
76人にはヘルニアがあって、85人には
椎間板の変形があるってこと。
 

 
診断名にショックを受けて、塞ぎがちになり、
コルセットでガチガチに腰を固めて、
とにかく体を動かさないように生活をしている方に
これまでたくさんお会いしてきました。
 
その方がよっぽど体に良くないです。
 

まだまだヘルニアに関してはわかっていないことが
多いのですが、現段階で確実に言えることは
 
「整形外科で、椎間板ヘルニアと診断されても
過度に不安になることはない」
ってこと。
 
※整形外科での画像診断を否定するつもりはありません※  
下記の様な症状の方は早急に
精密検査を受けることをお勧めします。

 
稀にではありますが、腫瘍や感染症などの
重篤な疾患が発見される可能性もあります。

 

〇腰痛の発症が20歳未満か55歳以上
〇最近の強い外傷
(転倒、交通事故や高所からの落下)
〇絶え間ない痛み
(夜間の痛み、楽な姿勢がない、
動作に関係のない痛み)
〇胸の痛み
〇悪性腫瘍の病歴
〇長期間にわたるステロイド剤の使用歴
〇原因不明の食欲不振や、体重の減少
〇腰部の強い屈曲(前屈み動作)
 の制限が持続する
〇身体の変形
〇持続する発熱
〇尿失禁や、便失禁などの排尿、
 排せつの障害
 

ま、これに該当しない方は
ほんとに心配いらないですよ。
 
不安は脳や体を緊張させて、痛みに対して
より敏感な状態を作り出してしまいます。
 
あなたがそんな状態にならないように、
これからも正しい情報をシェアし続けたいと思います。

 

それではまた。

 
腰痛の克服とあなたの笑顔の為に

Pivot 高崎勇次
 
●ピボット院長の為になるメルマガ登録はコチラから
 
●セミナーで治療に依存しない体づくりを学びたい方はコチラから
 
●この記事を読んで、「面白い」「なるほど」「ためになった」と思われた方はぜひ下のSNSのボタンをクリックして、いいねやシェアをして下さい
 
あなたのワンクリックが私の励みになります。

今すぐに痛みやしびれを何とかしたいあなたへ

初めての整体は誰でも不安。どんな治療をするの?本当によくなるの?

そんなあなたの為の初回限定2大特典

特典その①初回限定お試し価格 1,980円
本当に当院の施術で今の症状が改善するのか、お金が無駄にならないか、不安だというあなたの為のお試し価格です。
初回のカウンセリング、症状の原因を突き止める検査、施術、日常生活へのアドバイスまですべて含めて1,980円です。
特典その②全額返金保証
初回の施術を受けてみて、「体の変化を全く感じられなかった」「時間を無駄にした」と思われた場合は正直におっしゃってください。1,980円をお返しします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事