call
logo

052-886-1994

電話受付時間:9時~19時

※新規の方最終受付17:30

椎間板ヘルニア

HOME > 椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアで朝の洗面が辛いあなたのための処方箋

2021年01月10日

腰痛をお持ちの方で、朝の洗面が辛いという方が結構たくさんいます。

 

そういった方には、今日の内容を実践してみることをお勧めします。

 

普段あまり、「これさえやっておけば」みたいなことを言わない僕ですが、今日は珍しくスグに使える実践方法です。

 

朝洗面が辛い方は、前屈みの動作の際に痛みを感じる方です。

 

前屈みの動作の際には、当たり前ですが、腰や背中の筋肉はゆっくりと引き伸ばされる必要があります。

 

前屈が辛い人は

「どうせ前かがみ痛いもんなあ」

「腰が痛くなりませんように」

と、腰の事ばかり考えながら前屈をします。

 

全ての意識を腰に集中すると、何が起こるかわかりますか?

 

腰の筋肉は、緊張してキュッと収縮(短く縮もうとすること)しようとします。

 

収縮した筋肉を無理に引き伸ばして前屈するわけだからそりゃ痛くて当たり前ですよ。

 

「あーやっぱり痛いわ」

 

って思いながら翌朝も同じことを繰り返すから、

また筋肉収縮→痛い→収縮の悪循環に陥ってしまいます。

 

では、どうしたら腰や背中の筋肉をゆっくりと引き延ばして、痛みなく前屈動作ができるか。

 

 

それにはたった一つの方法しかありません。

 

前屈をする時におへその下あたりを意識すること。

 

そうすることで、腰や背中ではなく、お腹の筋肉(体の前側の筋肉)を収縮させることが出来ます。

 

本来、体の前側の筋肉と後ろ側(腰背中)の筋肉は手綱のような関係で、どちらかが収縮するとどちらかが緩むようになっています。

 

それを利用して、腰や背中の筋肉をリラックスさせながらゆっくりと引き伸ばすことができれば、前屈の際の痛みはかなり軽減できます。

 

おへその下を意識するのが難しい場合は、軽く手を当ててみることをおススメしますよ。

 

朝の洗面や前屈動作が辛いなら、おへその下を意識する。

 

毎日意識して習慣化することができれば、無意識でもおへその下の筋肉を収縮した状態を作り出すことが出来ます。

 

僕はこの状態を「天然のコルセット」と呼んでいます。

 

今日の内容は、お金も時間もかけずにすぐにできる腰痛予防法です。

 

ぜひ試してみて下さいね。

 

やってみた感想もお待ちしています。


052-886-1994

愛知県日進市赤池1-2801エクセルヤマキ1D

営業日時:
平日・土日 10時~12時、14時~19時(祝日のみ定休日となります)
電話受付時間は9時~19時

※新規の方最終受付17:30

地下鉄鶴舞線赤池駅から徒歩2分