電話受付:9時~19時
(土日営業)
※新規の方最終受付17:30

call
logo

052-886-1994

電話受付:9時~19時(土日営業)

※新規の方最終受付17:30

赤池駅徒歩2分、駐車場あり
完全予約制

クレジットカード支払い対応 

都度払いOK

坐骨神経痛改善事例

HOME > 坐骨神経痛改善事例

坐骨神経痛発症後の腰痛症状【日進市在住Fさん75歳男性】

2021年03月30日

監修:柔道整復師青山睦

 

〈主訴〉

坐骨神経痛

〈症状の経緯〉

・若いころから腰痛の持病があり

・1ヵ月ほど前にスーパーでの買い物の帰りに転倒し腰を痛める

・半年前に2回程、鍼を打っている

・整形外科にてレントゲンは撮ったがヘルニアや狭窄症の診断は出ていない

 

〈検査〉

SLR右陽性・左右回旋制限・左下肢の捻じれ・円背

歩行時に杖をつきながらも不安定性

着座時にふらつく・起立時机などに手をつきバランスをとる

 

〈施術〉

初回施術

自律神経を整え、腰に対する不安感と呼吸を整えて腹圧を安定させる施術を行う。この施術を行うことで、右足をかばった不安定な動作と姿勢が改善しました。

 

自立神経と呼吸を整えることで、なぜ姿勢や不安定性が改善されるのかを説明し初回の施術は終了いたしました。

 

2回目施術(初回より7日後)

初回施術後、翌日とても動きやすく今まで受けてきた治療よりも調子がよかった。しかし2日前から少しずつ症状が戻り始めている。前回と同様に自律神経と呼吸を整える施術を行っていきました。

 

そうすると、前回よりも前後屈・回旋でのスムーズさや可動域が出ました。

前回の施術からなぜ症状が戻ってしまったのか説明をして施術を終了しました。

 

5回目(初回より24日後)

歩行時の安定性が増して、買い物へも楽に行けるようになった。ただ、イスへの着座の際にまだ少しフラつく。

 

お話を伺っていると、自宅での過ごし方があまり良くないようなので、そちらも少しずつ改善していけるように提案していく。

 

8回目(初回より78日後)

歩行のテンポも良くなっている。姿勢は改善してきているが、まだ完全ではない、しかし許容範囲内にはなってきているとお伝えしました。

 

今までより少しずつ長い距離が歩けるようになってきているので、散歩などの運動を少しずつ増やしていくとともに、痛みやしびれを繰り返さない身体にしていきたいという要望もあり、このまま継続していくことになりました。

〈今回の症状のまとめ〉

今回の症状は、日常生活での姿勢の乱れが強く、自律神経も不安定になっており腰の痛みから下肢のしびれを起こしてしまいました。

Fさんは定年を迎えられており、自宅で座っている時間が長い為、楽な姿勢を長時間とるようになり、そのためだんだん姿勢が崩れてしまい今回のような症状が出てしまいました。

 

「なかなかしびれが取れない」

「腰痛などの持病がある」

 

などでお困りの方がいらっしゃいましたら、いつでもご連絡ください。

 

参照 当院が初めての方へ

参照 主な腰痛の種類とは?

参照 腰痛専門整体院Pivotとは?

 


8月末まで

アクセス・基本情報

052-886-1994

愛知県日進市赤池1-2801エクセルヤマキ1D

営業日時:
平日・土日 10時~12時、14時~19時(第二・第四水曜日、祝日は定休日となります)
電話受付時間は9時~19時

※新規の方最終受付17:30

地下鉄鶴舞線赤池駅から徒歩2分